月別アーカイブ: 2016年10月

成約率の鍵はEFO

実店舗において、同じ商品を扱っているのなら、お客の購買意欲を高めるためには、スタッフの接客、つまりおもてなしが重要となってきます。
接客の質により、売上が大きく変わってくるのです。これを、サイトに置き換えてみると、サイトでの成約率を上げていくには、接客イコール入力フォームの親切さ、となってくるのです。
サイトでのおもてなしは、この入力フォームにかかっていると言っても過言ではありません。

そこで登場するのがEFOです。では、このEFOが入力時にどのように訪問者と関わり、成約にまでこぎつけるのでしょう。
入力途中での離脱は、企業にとって大きな損失となります。できるだけ、スムーズにストレスなく入力してもらうことが成約の必須条件となるのです。

参考サイト≪EFO(入力フォーム最適化)のエフトラEFO【平均22%成績アップ】≫

例えば、入力エラーで最も多い、未入力エラー。ただエラーとだけ表示されると、どこに問題があるのか訪問者には分かりません。未入力項目をカラー表示すれば、すぐに分かり次の入力ページへスムーズに誘導できるのです。他にもポップアップ型のアラート表示や、郵便番号からの住所検索、フリガナの自動入力など様々な機能があり、より親切で丁寧な入力フォームを実現できるのです。今や、EFO導入は当たり前の時代です。成約率は訪問者を大切に思う気持ちの表れとも言えるのです。

途中離脱を防ぐEFO

近年、ネット上でEFOという言葉をよく目にします。このEFOは、Entry Form Optimizationの略で、エントリーフォーム最適化を意味する言葉ですが、具体的にはどのようなものなのでしょう。

サイトへの訪問者を成約まで繋げるためには、まずメルマガやWeb広告、あるいはSEOなどで集客数を上げることが考えられます。このとき、サイトのクオリティが高ければ、来訪者の質も高まることになります。

こういった外部的な手法で質の高い訪問者を増やすわけです。そして、次にその訪問者をより高い確率で成約まで持っていくのが内部的な手法になってきます。ここで、威力を発揮するのがEFOなのです。EFOによって、入力フォームが分かりやすく、入力しやすいものになれば、途中離脱が劇的に減り、成約に繋がる確率が上がるのです。

企業は、自社のサイトにユーザーを訪問させ、そこから商品やサービスの成約へと誘導していきます。その際、ユーザーの個人情報を入力する入力フォームを利用することになりますが、そこでエラーが発生したり、項目数が多すぎたりすると、一気にモチベーションが下がり、入力完了前に作業を放棄してしまうことがあります。こういった途中離脱を防ぎ、成約率を上げるために、各企業はこのEFOが導入しているのです。

EFOはおもてなし

ネットが普及し、商品やサービスの購入方法も変わってきました。ひと昔前までは、実店舗での対面販売がほとんどでしたが、現在はそれに加え、ネットでの購入が増えてきました。
またネットは、他のサイトとの比較も容易です。自分の都合のよい時間に、好きな場所で商品やサービスを比較し、購入できるようになったのです。つまり、サイトの質が売上げに関わってくる時代になってきたと言えるでしょう。ここでは、そのサイトに関わってくるEFOの仕組みについて説明します。

サイトの訪問者を増やすためには、メルマガや広告などを利用します。そして、サイトに来た訪問者はその商品やサービスに納得すれば、購入を決めます。その後、訪問者の個人情報を入力する入力フォームへ誘導するのですが、この入力フォームの良し悪しが成約率に大きく関わってくるのです。
入力フォームが見にくかったり、項目が多かったりすると、入力途中で訪問者のモチベーションが下がり、ついには離脱することもあります。それを防ぐために、EFOを導入する企業が増えているのです。

EFOは入力フォームの最適化を意味する言葉で、具体的には、未入力の項目をカラー表示したり、次に何を入力すればいいのかアラートで説明したりする機能があります。SEOなどでサイトへの訪問者を増やし、このEFOで成約率を上げるという、外部的な施策と内部的な施策のバランスが取れていれば、より多くの成約へ繋がっていくわけです。
このEFOは、実店舗でいうなら、接客レベルです。直接、お客と触れ合うものですので、ここのレベルが高いほどお客は満足してくれるのです。EFOはサイトのおもてなしと考えましょう。